レインボー造型企画株式会社

トップ > 製作工程 > ウレタン造型

フレーム

ウレタン造型

<怪人用>
スポンジ、ウレタン等の柔らかい素材を使い、動きやすい全身着ぐるみ(怪人・怪獣)や鎧、甲冑等を製作しています。


<ロボ用>
硬質ウレタン(サンペルカ)等を箱組みし、そこに合皮を貼るなどして硬質感のあるロボット等を製作しています。

ウレタン
肉盛り:
黒タイツにウレタンなどを盛って造形しているところ。
塗装用ブース
塗装用ブース:
塗料をエアガンなどで吹き付ける場所です。右奥では上から下へ滝の様に水が巡回しています。
押し型、熱押し
押し型:
硬質ウレタン等を火で熱し、押型に当て整形する為のものです。
塗料
塗料:
油性、水性、洗浄用アセトン、スプレー各種など様々な塗料等が置かれています。
着ぐるみ用マネキン
マネキン:
こちらのオリジナルマネキンにタイツを着せて着ぐるみを造形します。男女、大人、子供用など様々な種類があります。
着ぐるみ
着ぐるみ:
造形後に塗装した着ぐるみ。
マネキン(手)
マネキン(手):
ヒーローのグローブや怪人の手などを作る時に使います。その他ペンチやドライバーなどの工具置き場です。
ラテックス
ラテックス:
液状ゴムを石膏型などに流して固め、数時間乾かすと剥がせるようになります。怪獣の皮膚などに使います。様々な種類の皮が作れます。